光り輝くラザールダイヤモンド|愛を伝えるお供に

指輪
このエントリーをはてなブックマークに追加

婚約と結婚兼用のリング

新郎新婦

費用を抑え普段使いできる

仙台では、婚約指輪と結婚指輪を兼用する人が増えています。理由としてはまず、費用を節約できることが挙げられます。挙式やその後の生活費などの出費を考えると、少しでも抑えられるところは抑えたい、という人が仙台には少なくありません。一緒にしてしまえば、二重に費用がかかることもなくなるうえ、一組の指輪に予算を集中できることで、よりこだわりを持ったものにできるメリットもあります。また、普段使いできることも理由の一つです。婚約指輪は記念品的な位置づけであるため、使わないことも多いですが、結婚指輪と兼用とすることで、より活用でき無駄にすることがありません。指輪一つで婚約指輪の記念品としての役割を果たしながら、結婚後もアクセサリーとして有効活用できるのです。

様々な場面の時のことを考えよう

このように婚約指輪、結婚指輪、双方を兼用とする場合の注意点としては、弔事の際の対応です。弔事ではキラキラしたもの、派手なものはそぐわないため、着用できないものもあるからです。対策の一つとしては、あらかじめ弔事を想定したうえで、購入することが挙げられます。パールなどの弔事でも使いやすい石のものを選んだり、オーダーメイドで作り、どんなシーンでも利用できるデザインにしてもらうことなどが考えられます。仙台で、これらの商品やサービスを提供している店を見つけてみましょう。もう一つは、弔事の際は外すことを前提としてしまうことです。仙台では代わりにファッションリングをつけるなどして、対応している人も多いです。この方法ですと、指輪選びに制限がなくなるメリットがあります。指輪を外すことに抵抗がない人には、おすすめです。